レッスンモジュールの追加方法について

レッスンモジュールを追加するには、
コースの編集権限があるユーザでログインする必要があります。
編集権限のあるユーザでログインしたら、編集モードを開始します。
その後「活動またはリソースを追加する」をクリックし、レッスンを選択します。
レッスンモジュールの設定画面に移行します。
設定可能な項目の内、特に重要性の高い項目について下の表で説明します。
名称
レッスンの名称です。必ず入力する必要があります。
アピアランス
コースの表示の体裁を設定します。
コース利用
コースを利用可能な時間を設定出来ます。
規定日時内の受講のみ認める、あるいは一定時間内にコースを終了させる場合に有効です。
また、レッスンをパスワードで保護することも可能です。
保護する場合は設定したいパスワードを入力しておきます。
必修レッスン
新設するレッスンを受ける上で必要な「他のレッスンの」進捗を設定できます。
応用学習や発展学習など、事前に知識が必要な学習をさせたい場合に使用します
フローコントロールコースの学習行程を、学生自身でコントロール出来るように設定出来ます。
評定
コースを受講した学生に与えられる評価を設定できます。
モジュール共通設定
評定計算の為にコースの活動を識別できます。
利用制限
レッスンにアクセス出来る日時やユーザーを制限出来ます。

▲ ページトップへ